研究職の考え

研究職を目指すあなたに新しい発見を!研究職になるための方法や役に立つ本や勉強法、企業研究所での日々を紹介。

研究職になりたい大学生へ。インターンシップ生限定で事前面談があるんだよ。

気軽にポチッとお願いします
  ↓
 

インターンシップでの採用選考は経団連的には認めていません。しかし、実際は考慮されていると私は考えています。というか、いろんな利点があります。その一つが、インターンシップ生限定で、開催されたOBとの面談です。他にも就職活動にあたって様々な利点が考えられますので、大学3年生や修士1年生など、これから就職活動を行うあなたは、インターンシップを検討する際の参考にしてください。

インターンシップが採用に考慮されていると考える理由はこちらの記事。

www.yamadayoko.com

 就職や進学に有利

f:id:YamadaYoko:20170603053224j:plain

・志望理由が強くなる。

採用面接では必ず志望理由を聞かれます。私の場合はインターンシップの企業とは異なる企業に研究職として志望しましたが、その志望理由はインターンシップでの経験を通して考えたことを説明しました。

なぜ、この企業を志望したのかを考える際、インターンシップでは実際に企業で働くことができ、ネットで検索して聞いただけの情報ではなく、自分で行動して得た情報が手に入ります。自分で行動して得た情報は、ネットで検索しただけの情報よりも、強いのです。

www.yamadayoko.com

・採用担当に、自分のやる気が伝わる。

あなたが採用担当だとしたら、インターンシップに行ったか行っていないかが違うだけで、その他が全く同じ人なら、どちらの人の方がやる気があると感じますか?

インターンシップでなくてもいいので、採用担当はあなたが起こした行動に興味を持つのです。あなたが考え起こした行動から、あなたの行動力とやる気を測ります。もし、猛烈に何かやりたいことがあるなら、それをやることをオススメします。けど、パッと思いつかないようであれば、インターンシップは強力な武器になります。

・仲間から就職情報を得られる

インターンシップで会える仲間たちは同じような業界を目指している人が多く、情報交換が効率的に行えます。同じ業界の別企業の話や、同じ職種で異なる業界の話など。例えば、その企業の創業地やお膝元の大学では情報が多いなど、大学毎で持っている情報量の種類や量は、偏差値よりもその企業との関わりが深い大学の方が持っています。

なので、例えばトヨタ自動車なら名古屋大学、マツダなら広島大学が、パナソニック、大塚製薬、沢井製薬、塩野義製薬なら京大、大阪大学が情報を多く持っているでしょう。(関東の企業は。。。)

他の大学から来ている仲間と情報交換することで、業界研究や企業研究を深めましょう。

・就活時に特典がつく

企業の採用活動が本格的に始まったとき、その企業で働く大学OBとの面談の機会を頂くことができました。私が参加したインターンシップ先は、地方の国立大学でも採用説明会が催されるほどの大手メーカーでした。大手企業ではよくあると思いますが、説明会の時に人事系ではない技術系の大学OBが会社の様子を紹介してくれる時があります。

私の時は、その企業の大学OB(学科は異なっていた)から事前に面談の打診があり、大学での説明会後に別の個室でその方と1対1で15分くらい面談しました。その面談では、採用面接と同じような、面接を行い、自分の受け答えに対するアドバイスを頂くことができました。企業の理念はほとんど変わることがありませんが、その年毎に採用側が注目する学生の専門分野や人間性、キーワードは微妙に異なります。その辺の情報を得ることができると、採用側の考える欲しい人間像とのギャップを減らすことができます。 

・人生の先輩からの話を聞ける

大学生のあなたは、両親や親戚など身内の方達、研究室の教授たちを除いた人で、自分よりひと回り以上年齢の離れた人とよく喋った機会はありますか?自分の場合、よく喋った人は高校時代のバイト先の親方、地元にある行きつけの居酒屋の主人くらいなものでした。しかし、インターンシップでお世話になるところは自分と同じ世代の人は皆無で、30代の方から60代の方がほとんど。このような世代の異なる人の話を聞くのは良い刺激になります。固い考えやバブリーな考えなど、興味深い話が盛りだくさんです。

特に、私のオススメする世代は60代。その中でも60代後半の人たちのお話は、今しか聞けないのと、この世代の人たちは尊敬すべき本当にすごい人たちがいます。日本の技術レベルが高いと言われる所以はこの世代の人たちまでと考えるくらい、60代後半世代とそれ以外では異なります。技術や知識の深さ、こだわり具合、そしてこの世代の人たちはなんでも自分たちでやってきているので技術の幅の広さも圧倒的です。何より、世の中を良くしたいと考える気持ちが強く、自分よがりでなく、話をしていると感動します。仕事の話を聞いて、感動して泣きそうになったことは、今の所、この世代の人たちしかいません。

これから就職する世代の人たちが就職した後には、このような日本を支えた技術者がほとんど退職して交流する機会が圧倒的に少ないです。ですので、インターンシップでも他の機会でもなんでもいいので、色々話して尊敬できる人を見つけ仲良くなっておくことを強く進言します。(もちろん、60代後半で尊敬できない人もいるが、個人的にはは尊敬できる人の確率が他の世代に比べて圧倒的に高い。)

研究職になりたいと考えているあなたに

現在研究職の私ですが、インターンシップでは開発職のところへあえて行きました。あなたの就職したいと考えている企業や研究所でインターンシップを募集していなくても、同じ分野や近い技術領域の企業などのインターンシップに参加するのをお勧めします!

また、インターンシップではプライベートやその後の生活も充実しますので、この辺の情報はすぐに記事にしたいと思います。

 

研究所に関する記事

日本に研究所は200以上あります!

www.yamadayoko.com

 

私はインターンシップの経験が採用に有利だと考えます!

www.yamadayoko.com

 

インターンシップは大手企業などいろんな企業で行われています。

www.yamadayoko.com

 

私が考える 研究職になるための方法です!

www.yamadayoko.com