研究職の考え

研究職を目指すあなたに新しい発見を!研究職になるための方法や役に立つ本や勉強法、企業研究所での日々を紹介。

TED Talks プレゼンで再生回数の多い上位100のプレゼンを分析した結果

気軽にポチッとお願いします
  ↓
 

TED Talks プレゼンで再生回数の多い上位100のプレゼンを分析した結果

自分の英語レベルにとって、このプレゼンは簡単?それとも難しい?適切?このプレゼンよりもっとゆっくり話すプレゼンが見たい!そんなことがわかるように、TED Talksを分析して見ました。この記事を見ることで、TED Talksのプレゼンで再生回数の多い上位100のプレゼンを定量的に分析した結果を知ることができます。分析結果を参考に、あなたの英語レベルに応じたプレゼンを選ぶことができるようになります。

この記事は英語学習のためにTED Talksを観ている方へ向けて書いています。

  • なぜTED Talksのプレゼンを分析したの?
  • TED Talksのプレゼンの何を分析をしたの?
  • 観たいプレゼンは上位100のプレゼンと比べて英語レベルは難しい?
  • あなたの語彙力にぴったり合うTED Talksのプレゼンが見つかる!
【目次】

 

なぜTED Talks のプレゼンを分析したの?

TEDのおすすめ記事ってたくさんあるけど、英語を勉強する上では何が良いのかよく分からなくないですか?

もっとゆっくり話すプレゼンが見たい!

わからない単語が多すぎる!

自分の英語レベルに合わないプレゼンをいくら見たところで、効率よく学習することはできません。つまり、その分の学習時間を無駄にしていルようなものです。そこで、あなたの貴重な英語学習時間を無駄にしないように、英語学習の参考になるTED Talksプレゼンが「どれなのかが一目でわかる」ように定量的に分析してみました。

TED Talks プレゼンの何を分析したの?

TED Talksプレゼンの詳細な分析方法は、再生回数の最も多いケン・ロビンソン(Ken Robinson)の「学校教育は創造性を殺してしまっている:Do schools kill creativity?」を対象に分析したこちらの関連記事をお読みください。

www.yamadayoko.com

 

TED Talksプレゼンで再生回数の多い上位100の分析結果の詳細はこの関連記事へ

www.yamadayoko.com

 

観たいプレゼンは上位100のプレゼンと比べて英語レベルは難しい?

上位100のプレゼンの分析結果を紹介します。最後に全ての結果のまとめを乗せています。なお分析は2018年11月17日時点の結果になります。また、スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォードで行った伝説のプレゼンも上位100に入っていますが、これはTEDのページでスクリプトが公開されていないため、ここでは除外しております。

Steve Jobs: How to live before you die | TED Talk

再生回数

これは英語学習の参考というよりは、豆知識的な情報です。

再生回数の上位100のプレゼンの平均再生回数は約1300万回(13,280,072回)となりました。

下の図は縦軸が再生回数で1目盛で1000万回。横軸は左から再生回数の高い順に1から100まで並べています。上位10くらいから再生回数は2000万回を超えて急激に伸びていることがわかります。とりあえず、みんなが聞いている人気のプレゼンを聞いておこうって考えで、再生回数が伸びているんでしょうね。

f:id:YamadaYoko:20181118163054p:plain

 

再生回数の最も多いプレゼン:約5400万回

再生回数の最も多いプレゼンは約5400万回(54,065,651回)で、ケン・ロビンソン(Ken Robinson)の「学校教育は創造性を殺してしまっている:Do schools kill creativity?」でした。このプレゼンの詳細な分析結果が気になる方は、こちらの関連記事をお読みください。

www.yamadayoko.com

TOP100で最も再生回数の少ないプレゼン:約620万回

TED Talksプレゼンで再生回数の多い 上位100のプレゼンの中で再生回数の少ないプレゼンは約620万回(6,187,410回)でSandrine Thuretの「You can grow new brain cells. Here's how」でした。上位100の中で最も少ないとはいえ、全体の上位100です。再生回数は610万回を越えてきます。

www.ted.com

 

プレゼン時間

まだ英語を聞く自信のない方は、プレゼン時間の短いものから学習し始めると良いです。

再生回数の多い上位100のプレゼン時間の平均は約15分でした。ほとんどのプレゼンが約10分から19分に収まります。

下の図は、プレゼン時間毎のプレゼン数を表したヒストグラムです。プレゼンの規定時間であると考えられる10、15、20分でプレゼン数が増えています。規定時間内に収まるようにプレゼンをしている結果を表していると思います。

f:id:YamadaYoko:20181118165700p:plain

プレゼン時間の最も長いプレゼン:約41分

再生回数の多い上位100のうち最も長いプレゼンは約41分で、イーロン・マスク(Elon Musk)の「我々が築き、掘っている未来:The future we're building — and boring」でした。

www.ted.com

プレゼン時間の最も短いプレゼン:約3分

再生回数の多い上位100のうち最も短いプレゼンは約3分で、テリー・ムーア(Terry Moore)の「靴紐の正しい結び方:How to tie your shoes」でした。TED Talksで英語学習を始めた初心者の方はこのプレゼンなど、短いものから攻めると良いです。短いプレゼンは自分も好きなので、いくつも紹介しています。 

www.yamadayoko.com

www.yamadayoko.com

www.ted.com

 

全単語数

こちらの要素はプレゼン時間と相関があります。語彙力に自信のない方は全単語数が少ないものから聞くことをお勧めします。

再生回数の多い上位100の全単語数の平均は約2200でした。ほとんどのプレゼンが約1500から3000に収まります。

下の図は、全単語数毎のプレゼン数を表したヒストグラムです。全単語数が3000から3500のプレゼンが多い結果となっています。

f:id:YamadaYoko:20181125173539p:plain

 

全単語数の最も多いプレゼン:約6000

再生回数の多い上位100のうち最も全単語数の多いプレゼンは約6000で、イーロン・マスク(Elon Musk)の「我々が築き、掘っている未来:The future we're building — and boring」でした。プレゼン時間が長いから当然です。

全単語数の最も少ないプレゼン:約260

再生回数の多い上位100のうち最も全単語数の少ないプレゼンは約260個で、Sleepy Man Banjo Boysの「Bluegrass virtuosity from ... New Jersey?」でした。このプレゼンは15歳、14歳、10歳の三兄弟のバンド「Sleepy Man Banjo Boys」の演奏が楽しめるプレゼンとなっています。自己紹介程度でしか話していないため、英語の学習には適していないプレゼンです。ただ、この若さでこの舞台に立っていることはすごいことで、良い刺激を受けます。

www.ted.com

 

単語の種類数

語彙力に自信のない方は単語の種類数が少ないものから聞くことをお勧めします。

再生回数の多い上位100の全単語数の平均は約700でした。ほとんどのプレゼンが約500から900に収まります。つまり、たった700単語を覚えれば、観たいプレゼンを理解することができるってことです。想像していたよりも簡単そうじゃないですか?(上位100のプレゼンの全部の単語の種類については今度分析してみます。)

下の図は、単語の種類数毎のプレゼン数を表したヒストグラムです。単語の種類数は800から900のプレゼンが最も多い結果となっています。

f:id:YamadaYoko:20181125180536p:plain

単語の種類数の最も多いプレゼン:約1400

再生回数の多い上位100のうち最も全単語数の多いプレゼンは約1400で、イーロン・マスク(Elon Musk)の「我々が築き、掘っている未来:The future we're building — and boring」でした。これもプレゼン時間が圧倒的に長いから当然ですね。

単語の種類数の最も少ないプレゼン:約150

再生回数の多い上位100のうち最も全単語数の少ないプレゼンは約150個で、Sleepy Man Banjo Boysの「Bluegrass virtuosity from ... New Jersey?」でした。これもプレゼン時間が短いから妥当ですね。

 

話す速度

ネイティブが普通に話す英語を聞ける自信のない方は、話す速度が遅いプレゼンから聞くことをお勧めします。

再生回数の多い上位100の話す速度の平均は約150wpmでした。ほとんどのプレゼンが約135から170wpmに収まります。

下の図は、話す速度毎のプレゼン数を表したヒストグラムです。話す速度は160から170wpmのプレゼンが最も多い結果となっています。

f:id:YamadaYoko:20181125182735p:plain

話す速度が速いプレゼン:200 wpm以上

再生回数の多い上位100のうち最も話す速度の速いプレゼンは206 wpmで、シェーン・エイカー(Shawn Achor)の「幸福と成功の意外な関係:The happy secret to better work」でした。ずっと同じ調子で話し続けており、聞き取りにくくはないですが確かに速いです。

www.ted.com

また、ヨハン・ハリ(Johann Hari)の「Everything you think you know about addiction is wrong」は205rpmです。こちらもずっと話しっぱなし。速い。

www.ted.com

 

話す速度が最も遅いプレゼン:(参考値)約30 wpm

再生回数の多い上位100のうち最も話す速度の遅いプレゼンは約30 wpmで、「Sleepy Man Banjo Boys」の「Bluegrass virtuosity from ... New Jersey?」でした。演奏してますからね。

これも含め100wpm以下のプレゼンは、何かしらのパフォーマンスをしているプレゼンになっているので、話す速度の参考になるのは遅くとも100wpm以上のプレゼンからになります。

話す速度が遅いプレゼン:110wpm以下

クリントン元大統領との不倫スキャンダルで世界中から注目されたモニカ・ルインスキー(Monica Lewinsky)の「The price of shame」は109wpm。しっかり自分の考えを伝えようと、かなりはっきり・ゆっくりと話しています。とても聞き取りやすいプレゼンです。

www.ted.com

キャロル・ドウェック(Carol Dweck)の「必ずできる!未来を信じる脳の力:The power of believing that you can improve」は102wpm。声質と話す速度と、ちょっと眠くなりそうなプレゼンです。

www.ted.com

あのホーキング博士(Stephen Hawking)の「Questioning the universe」は104wpmです。ただこのプレゼンは興味深い話ですが、機械で生成した声なので英語の学習には向きません。

www.ted.com 

汎用単語率

語彙力に自信のない方は、汎用単語率が高いものから聞くことをお勧めします。汎用単語率は、簡単にいうと「これだけ覚えたら日常会話のほとんどカバーします。」っていう約3000の単語(Oxford3000)の比率です。(1が100%です。)

再生回数の多い上位100の汎用単語率の平均は0.61でした。ほとんどのプレゼンが、0.59から0.63に収まります。

下の図は、汎用単語率毎のプレゼン数を表したヒストグラムです。汎用単語率は0.62から0.63のプレゼンが最も多い結果となっています。

f:id:YamadaYoko:20181125215424p:plain

汎用単語率の高いプレゼン:0.67

再生回数の多い上位100のうち最も汎用単語率の高いプレゼンは0.67で、エリザベス・ギルバート(Elizabeth Gilbert)の「創造性をはぐくむには:Your elusive creative genius」でした。本人が言葉のプロである作家なので、万人に分かる言葉を用いてプレゼンを組み立てたのでしょう。プレゼンも朗読しているみたいに、とても聴きやすいです。

www.ted.com

 

汎用単語率の低いプレゼン:0.5

再生回数の多い上位100のうち最も全単語数の少ないプレゼンは約150個で、「Sleepy Man Banjo Boys」の「Bluegrass virtuosity from ... New Jersey?」でした。元々の単語数が少なく、人や楽器などの固有名詞が多いため、汎用単語率が低いプレゼンになっています。

その他では、Alexander Tsiarasの「Conception to birth -- visualized」は0.54。こちらは医学分野の話となっていて、専門用語がたくさん出てきます。難しい。

www.ted.com

 

まとめ

ということで、TED Talksプレゼンで再生回数の多い上位100のプレゼンの分析結果を紹介しました。また、TOP100の詳細な分析結果は関連記事に載せましたので、TEDTalksプレゼンを選ぶ参考にして頂けたら幸いです。

TED Talksプレゼンで再生回数の多い上位100の詳細な分析結果

再生回数の多い上位100のプレゼン分析結果の詳細を表にまとめました。TEDTalksプレゼンを選ぶ参考にして頂けたら幸いです。

www.yamadayoko.com

プレゼン分析内容の詳細が知りたい方は、こちらの関連記事をお読みください。

www.yamadayoko.com